ダイビング器材オーバーホール

HOME > オーバーホール

目指したのは透明性

oh.jpg当店のオーバーホールの最大の特徴は透明性です。
従来のオーバーホールでは、「どこをどう作業したのか?」「工賃以外のパーツ代はいくらなのか?」等々、ユーザーの皆様には分からないことだらけで、不透明な部分が多数あったことと思います。
そこで、当店では、分解した状態で写真を撮り、どこのパーツを交換したのか細かくご説明させて頂き、詳細な料金明細書でパーツの一つ一つの料金を明確にお知らせしています。
交換パーツも全て返却させて頂いておりますので、完全に納得のいくオーバーホールをお受け頂けます。リピート率はほぼ100%で、当店のシステムの信頼性を裏付けしています。
※ダイビングショップ様向けの料金設定もございます。
 ショップ様も多数ご依頼頂いております。詳しくはお問い合わせください。→083-921-8685イズミまで

LinkIcon詳しい料金、お申し込み方法、メーカー別ワランティ等、専用ページはコチラ

st01.jpgステップ1:初期状態確認送られてきた状態でタンクにセッティングしてみます。そして、中圧の確認、エア漏れの有無、各ポートに付けられているホースの位置確認を行います。

st02.jpgステップ2:分解~洗浄ネジ山をなめて潰してしまわないように慎重に分解します。そして、分解した状態で最後にお渡しする伝票用に写真を撮ります。撮影後、クエン酸で洗浄します。

st03.jpgステップ3:パーツ交換~組み上げOリングなどの消耗品は、損傷や劣化がなく、まだ使えそうなパーツ場合、洗浄やグリスアップをして再利用します。使える部品を無駄に交換したりはしません。

st04.jpgステップ4:最終確認中圧を規定値に調整し、水槽に沈めてエア漏れがないか確認します。フリーフロー圧、初動抵抗も測定し調整。出荷前にまた全て測定し調整します。

st05.jpgステップ5:伝票作成分解写真を添付し、交換部品を明確に記し、交換済みのパーツは全て返却します。作業後、6ヶ月以内であれば、フロー等の初期不良は無料調整いたします。

MAINTENANCE